GishkiEmilia’s blog

アズレンのロイヤルスキー、そのうちアメリカ大陸に渡ります

戦艦主砲の選択肢 回転率重視砲

戦艦主砲は回転率重視の連装砲か威力重視の3連装(4連装)に概ね分類出来る。

割と種類があるのでどの艦でどれ使えばいいの?となりやすいため簡単に紹介。

今回は回転率重視の艦砲。

 

回転重視推奨の戦艦:フッド、ネルソン級長門級、霧島、アリゾナ、モナーク、出雲

威力重視推奨の戦艦:上記以外の戦艦

 

戦艦主砲の各装甲への補正

    軽装甲 中装甲 重装甲 備考

通常弾    70%   100%   90%

徹甲弾       30%     130%     110% 

榴 弾      140%      95%      90% 50%の確率で炎上

三式本体  140%     110%      90% 航空機に命中可能

三式破片  145%     105%      70% 航空機に命中可能

 

通常弾 

ダメージ補正は榴弾の劣化、特殊効果も無いため装填速度や火力補正といった目的が無い場合は非推奨。弾速は徹甲弾より遅く榴弾より速い、

徹甲弾

中装甲、重装甲への通りが良い。軽装甲への通りは30%と大幅に下方修正がかかるため相手を選ぶ。戦艦主砲の弾着の都合上、前衛主砲のように貫通する性質は持ち合わせていない。弾速は最も速い。

榴弾

ダメージ補正は通常弾の完全上位で、追加効果として命中した敵を50%の確率で炎上させる。炎上ダメージは炎上させた弾の威力に依存するため、高威力の戦艦主砲とは非常に相性が良い。敵を選ばず、汎用性が高いため戦艦主砲は基本的に榴弾がオススメ。弾速は遅い。

三式弾

航空機にも命中する散弾をばら撒く。弾が散らばって弾着するため一発一発の威力こそ低いが広い面の制圧が可能。対空に補正がかかるのも特徴の一つ。現状は1種のみ。

 

410mm連装砲

410mm連装砲T3のアイコン

威力154×2

装填20.02秒

火力補正25

榴弾

威力、装填速度の安定した主砲。回転率重視の主砲では遅いほうであるが、その分威力は高く、威力重視の戦艦に持たせても特に問題はない。

しかし入手性は他の選択肢よりも良く、紫なのでパーツの消費量も少なめ。

自動装填機構と406mm三連装砲MK6の6-3で出るため周回の恩恵が大きい(金装備は残念だが)。箱だと蔵王重工の紫以上から出現。

 

283mmSKC34三連装砲

283mmSKC34三連装砲T3のアイコン

威力88×3

装填16.63秒

火力補正25

通常弾

三連装だが回転率重視の主砲。装填速度は最速だが威力は犠牲に。そして通常弾。

使用する場合は完全にスキルの回転が目的になるので、スキルが発動しなかった場合悲惨なことになるため結構リスキーである。

紫なので入手自体は難しくなく、クラップ箱を開けていればいつかは手に入るが、見た目が全く同じの重巡砲があるので誤廃棄に注意。

283mmSKC28三連装砲T3のアイコン重巡砲の283mmSKC28三連装砲、見分け方はSKCの後ろの数字、28か34

     こちらもドイッチュラント級しか装備出来ず、弾道が特殊なのでピーキー

 

380mmSKC連装砲

380mmSKC連装砲T3のアイコン

威力132×2

装填18.38秒

火力補正45

徹甲弾

回転重視の主砲では珍しい徹甲弾。火力補正45が美味しい。回転率重視で徹甲弾を使用したい場合はこれが候補となる。

ただし戦艦の徹甲弾は上の表を見ていただければ分かるが、非常にピーキーな性質なので汎用性という点では410連装や381改に劣る。

敵戦艦が強力かつ出現頻度が上昇する9章以降や重装甲かつ炎上が短いセイレーンだと徹甲弾の性質を生かしやすいのでその際の選択肢としては第一候補に挙がる。

金装備なので入手性が悪そうだが、金クラップ箱から出るためそこまで悪くはない。

 

410mm連装砲(三式弾)

410mm連装砲(三式弾)のアイコン

威力22×10×2

装填19.29秒

火力補正25

対空補正25

三式弾

現状で三式弾を放てる唯一の主砲。410mm連装砲と見た目は一緒だが上位装備ではない。対空が200程度の戦艦にとって補正が入るのは嬉しいところ。

しかし一発一発の威力は弱め、さらに弾が散らばって広範囲に弾着するため狙った敵に多く当てるのは難しく戦艦の火力を生かせるとは砲とは言い難い。

いまいち運用手段が見当たらず実装当初からボロクソな評価であったが、ピュリファイアーのような巨大敵の登場や敵航空機がやたら多く強力な12章実装によって選択肢に入るようになった。

入手性は壊滅的に悪く、現在は運頼みの研究設計図だけである。

 

381mm連装砲改

381mm連装砲改T3のアイコン

威力133×2

装填17.96秒

火力補正45

榴弾

410mm連装砲の威力を下げた分、回転率と火力補正を上げたもの。だいたい上位互換。

単純火力こそ410mmより劣るが、火力補正が25から45に上がっているので威力低下はそこまで気にならず、スキルの弾幕の火力はむしろ上がる。

素で410mmに自動装填を乗せた数値と同じ程度の装填速度になるので自動装填を外し、SHS、SGレーダーや強化油圧舵など他の設備に枠を回せるのも強み。

回転率重視の戦艦には最優といっても良い主砲だが、入手はコアデータか研究設計図のみ。三式よりはマシだがやはり劣悪と言える。

 

個人的なオススメ順は

1.381mm連装改

2.410mm連装

3.380mmSKC

381改が理想だが入手性、量産性ともに劣悪なので、最初のうちは410mm連装がオススメ。