GishkiEmilia’s blog

アズレンのロイヤルスキー、そのうちアメリカ大陸に渡ります

サウスダコタワシントン編成のもう1枠

ワシントンの性能を引き出そうとするとサウスダコタが必須となり、必然的に主力の枠は残りひとつとなる。その1枠は何が良いか、思いついた候補を適当に羅列。演習での使用が前提。

 

1.ノースカロライナ

メリット

・対空368(LV100好感度100時)、スキルで主力の航空ダメージ15%軽減と全戦艦中屈指の対空性能=対長門一航戦で優秀

・スキルで恒常火力は中々

・高性能対空レーダーで火力を伸ばすことが出来るため一式徹甲弾、SHS、高性能管制レーダーなどの火力設備を他に回すことが可能

・ユニオン3隻で主力を揃えられるので見た目が綺麗

デメリット

・ミラーやロイヤルなど戦艦編成相手には腐る

・特殊弾幕を持たない

・駆逐副砲による敵前衛への干渉力の低さ

 

 

2.マサチューセッツ

メリット

・対空368による対空性能

・スキルにより火力、対空、回避が最低10%アップ

・スキルで弾種が超重徹甲弾になるので対主力への高火力が期待できる

・ユニオン3隻で揃えられるので見た目が(ry

デメリット

・前衛に主砲が吸われると悲惨

・スキルを100%生かそうとすると前衛が重巡2隻になり鈍足化

・特殊弾幕を持たない

・駆逐副砲による敵前衛への干渉力の低さ

 

3.エセックス

メリット

・スキルで攻撃機が追加され浸水によるダメージソースの追加

・前衛にユニオン艦を一隻追加すると艦隊全体に航空ダメージ軽減を付与

長門一航戦がトップメタなので直掩配置による航空値上昇が望みやすい

・戦闘機による迎撃が可能

・ユニオン3隻で(ry

デメリット

・他に空母を編成できないので直掩配置を100%生かすことが出来ない

・エルドリッジに弱い

・空母1隻だと対空が集中し火力が出しきれない可能性

 

4.モナーク

メリット

・特殊弾幕による圧倒的正面火力

・自己回復持ち

軽巡副砲による高い前衛への干渉力

・ミラーやロイヤルなどの戦艦編成にも強い

デメリット

・30%を引いた時が悲惨

・対空面でユニオン艦に劣る

シナジーを持たない

 

5.ジャン・バール

メリット

・特殊弾幕を持たないにも関わらず他を圧倒する超火力

・開幕主砲で相手前衛を溶かし、開始5秒足らずで勝ち確の状況を作れる

軽巡副砲による高い前衛への干渉力

デメリット

・装備補正が低く、対空面で他候補に劣る

・開幕主砲のムラが激しく、ほぼリセット前提の運用になる

シナジーを持たない

 

6.プリンス・オブ・ウェールズ

メリット

・少なくとも2隻ユニオン艦がいるので王家同盟によるバフがかかる

軽巡副砲による高い前衛への干渉力

デメリット

・特殊弾幕を持たない

・スキルを100%引き出そうとすると前衛もユニオンに縛られるのでオーロラが採用できなくなる

・バフがあるとはいえ対空面でユニオン艦に劣る

 

7.エンタープライズ

メリット

・LuckyEによる超火力と無敵化

・戦闘機による迎撃が可能

・ユニオン3隻で(ry

デメリット

・30%を引いた時は並の空母

・エルドリッジに弱い

シナジーを持たない

 

8.フッド

メリット

・特殊弾幕による高い正面火力

・艦隊全体への装填バフが美味しい

・ユニオン艦にこそ劣るが水準以上の対空値

デメリット

・耐久値は高いが中装甲故の脆さ

・駆逐副砲のため前衛への干渉力の低さ

・特殊弾幕への依存度が他より高く30%を引いた時の低火力が目立つ