GishkiEmilia’s blog

アズレンのロイヤルスキー、そのうちアメリカ大陸に渡ります

演習編成紹介

現在演習で使ってる編成

その1

f:id:GishkiEmilia:20190101225314p:image

完全な戦艦グッドスタッフ編成。

戦術はジャン・バールで敵前衛を粉砕orワシントン、モナークによる両翼殲滅。

前衛は特に述べることはないはず。

基本的にはこれを使用。ほぼほぼ全ての防衛艦隊に勝てるが、耐久重視(というかサン・ルイ入り)の長門一航戦が辛い印象。対空が低いため長期戦になると一航戦の空爆が受けきれなくなる。

 

その2

f:id:GishkiEmilia:20190101230151p:image

ワシントンダコタにジャン・バールを加えたユニオン寄りの編成。

ワシントンダコタの前衛への干渉力の低さをジャン・バールで補う。

駆逐艦2隻+サン・ルイが前衛の長門一航戦には開幕主砲がスカリやすいので、ジャン・バールをモナークに差し替える場合もある。

上の編成で苦戦する耐久寄りの長門一航戦対策として使用。

 

その3

f:id:GishkiEmilia:20190101230903p:image

QEを入れたロイヤル寄り編成。

モナーク入りの完全体ロイヤルが相手の時に使用。

QEがいないと相手のQEバフを受けたモナークに装填速度で負けるので同じ土俵にするために渋々採用。

何だかんだでQEも152mm試製を持てるのでジャン・バール主砲+戦艦3隻の152mm試製で敵前衛を蜂の巣に出来るので仮想敵のロイヤル以外にも勝てる。以前使ってた主編成はこれだったりする。ワシントンを使いたいから今の編成になっているのです。